h1 白神を行く|Beech and Bear

白神を行く

白神山地は今では皆さんご存知のように、世界遺産に登録されたブナの原生林のすばらしい山。危うく観光道路の工事でズタズタにされるところを、秋田、青森両県の有志が立ち上がって、10年以上の説得の上、なんとか保存にこぎつけた。それほど魅力あふれる連峰である。


二ツ森山頂を目指す 紀行

2001年8月14日、僕たちは白神山地に連なる山々の中の頂上の一つ、“二ツ森”を目指して歩き始めた。前日から大人子供8人で、白神のふもとの海岸にテントを張って、滞在していた。

この登山は、昨年から計画を立てていたのだが、目的の一つに「外胚葉形成異常」という難病を持つ小学校5年生を『頂上に立たせたい』という無謀な目標があった。この病気は汗が出ないため、自力で体温調節が出来ず、先生の指導としては「夏の外出は控えるように」とか「外出する際はなるべく木陰を選んで休息しなさい」。である。


再び白神山地の世界遺産登録にまつわる話になるが、白神のふもとに住むマタギたちは、『白神には神がいる』と口をそろえて言う。なだらかに日本海に溶け込む稜線・・・・漁師は言う。『白神の水が、ハタハタを育ててくれる』、『豊漁を願うから、白神の山を大切にするんだ』とも・・・ 山に住む者と海に暮らす者の気持ちが一つになって、観光道路開発阻止に立ち上がった。北に隣接する青森県の住民の思いも同じであった。


家の窓ガラスを割られたり、勤務先を解雇されるなどの露骨な妨害にも屈せず、反対運動は続けられ、やがて当時の秋田県議会議員を動かした。観光道路開発断念が決定したときには、すでに17年の歳月が過ぎていた。世界遺産登録の直前、ヨーロッパ各国から研究者が訪れ、白神を視察したが、異口同音に「これほど自然のままでブナが保存されている場所は、他には無い」と驚きの声をあげた。


白神山地が世界遺産に登録されるまでに、周辺地域の努力は大変なものがあった。白神の説明はこれくらいにして、とにかくこの白神に元気を分けてもらおうと、ぼく達は出かけた。


白神に入り込む。途中40分ほどは車で登る。この辺はまだ杉の木立が目立つ。車の通れる道を切り開くのは大変な時間と労力を要したはずである。と、道路わきに看板出現!

いよいよここから、徒歩で頂上を目指す。難病のH君のために、水を入れたタンクをザックに入れ、それをお父さんが背負い、いざ出発! そう、H君は自力で体温調節が出来ないため、時々全身を水で冷やしてあげなくてはいけません。そんな苦労や危険をも厭わずに、登山に賛同してくれたH君とお父さんお母さん、我が子への愛情のカタチでしょうか。


人の背丈ほどもあるような熊ザサをかき分けるように、ゆっくりゆっくり進みます。獣道のような状態でした。あたりに見える木々は、すべてブナです。この辺は原生林というよりも、雑木林のような感じがしました。こんなに熊ザサが生い茂っていると、ブナの実が落ちても、日が当たらずに目を出す事が出来ないでしょうね。実際この辺のブナの樹木はご覧のとおり細いですね。ここで標高600メートルくらいでしょうか。


H君のお父さんお母さんも、頑張って登ります。先を歩くH君に、ず~っと声をかけてあげながら、水をかけてあげるタイミングをはかってます。お母さんはこの頃は、目にうっすらと涙を浮かべてました。しんがりを務める僕も、痛いほどお母さんの気持ちが伝わってきて、何も言えませんでした。言えば、今日の難行がいっぺんで無駄になりそうな気がしていました。


二ツ森山頂に立つ

標高こそ1086メートルとそんなに高くない頂上ですが、本当にみんなよく頑張りました。小学校4年生2人、5年生1人、6年生1人。後ろで濡れタオルを頭にかけているのが5年生のH君!素晴らしい努力家でした。H君語録、『白神には、神様がいるって言ってたけど、こんなに俺を苦しめるなんて、とんでもねぇ神様だな』どうです?彼、強いでしょ?実に嬉しいです。


朝7時に朝食を食べて、8時から登山に挑戦。頂上には10時30分頃に着きました。山は何も語ってはくれませんが、こちらの心の持ちようでさまざまに語ってくれているような気がします。自然は人を裏切らない。どんなに荒れ狂っても、それは全て僕たちの生きる糧になる。一片(ひとひら)の花びらにさえ心を動かされる僕たちです。そんな心を持つ僕たちに厳しく優しく諭して、そして応えてくれるのが、山なんだなぁと改めて確認しました。


街角で出会う草花たちも、大事にしましょう。人に見留めてもらう事の無い自然の草花にも、心を及ぼしましょう。山を彩る木や花や草ぐさ、そして山そのものは、ただ自然のままに摂理の如くそこに居るだけでしょう。でもその自然な姿が語ってくれる様々は、嘘や偽りの無い、大きな真実ばかりです。僕たちは傲慢になってはいけませんね。謙虚に素直に、そして媚びずに生きていかなくてはならない。そんな事を思いつつ、頂上から眺める風景を写真に撮ってみました。もう少し天候が良かったら文句なしなんですが、山の天気は瞬間瞬間で変わるから、これは仕方のないことです。


この後下山。お昼過ぎにはスタート地点のテントサイトに到着。さぞかしH君もグッタリしているのではと思いましたが、さにあらず!帰ってからは、大人の方が少々くたびれモード。それに引き換え、子供達は凄いパワーで遊びまくりました!

そして早目の夕飯はバーベキュー!この日のために取り寄せた超高級牛肉と、それに海老や貝の海の幸をふんだんに使って、スペシャル・バーベキューのスタートです。パイナップルやスイカの果物もドッサリ食べました♪ 「今日は疲れたな~」「俺は全然平気だったぞ」「頑張ったなH」夕方の会話は心地良く、そしてH君とH君のご両親。そして一緒に行動できた私たち家族、とても貴重な一日を過ごすことができました。