森の狩人マタギ

秋田県北内陸部は「マタギの里」と呼ばれるエリア。マタギの狩猟文化は歴史家や小説家の研究材料になり、またアウトドアマンたちのバイブルとして注目を集めています。このページでは現役のマタギやその周辺に暮らす人たちが表現してくれた生の声を「マタギのこころ」として紹介致します。(失礼ながら敬称は省略させていただきます)

※現在も精力的にマタギの取材を継続され、著書「マタギ」を発刊していただいた田口洋美先生に感謝申し上げます。また、「黄色いキバ(直木賞受賞作品)」を発表していただいた志茂田景樹氏に、心より敬服申し上げます。

シカリ(頭領)

鈴木松治の話

俺がまだ子供の頃に、親父達が話してるのを聞いて覚えてるんだけど、長野とか岐阜、富山のほうまでマタギに出てたんだな~。向こうの山に行くと、小屋を作るところに秋田小屋とか、穴の名前で、こっちの人の名前を付けているところがあるそうなんだ。


俺の爺さんの頃まで、旅マタギをして歩いていたもんなんだ。秋の収穫が終わって、すぐに出かけたんじゃないかなぁ。目的地まで行く途中で獲ったものは、途中の部落で売っていったらしいんだ・・・・


・・・だけどなっ、ハデ(新雪)が降れば、必ずクマというものはハデ踏むものなんだ。穴から出てきて、新雪を踏みたがるものなんだ。それを見てるとクマがどこに行ったのか、わかる。俺達マタギは、クマ巻いて姿を見たら、まず逃がすことはねぇ。80~90%は必ず仕留める。


昔は「根子」がマタギが一番多かったけど、今は3人くらいしかいねぇな。若い者がいねぇのさ。少しはいるけど、昔ほどいねぇからな。みんな都会に出てしまうからな。クマを獲るからって、会社休めねぇ。だから、クマ狩りの時期でも山に出れねぇ・・・

シカリ鈴木松治画像

田口洋美先生ご紹介

田口先生紹介 主な著書
本名 田口洋美(たぐちひろみ) ●山に生かされた日々
狩猟文化研究所代表 ●越後三面山人記
ブナと林と狩人の会 MATAGI-SUMMIT 幹事 ●おんな猿まわしの記
周防猿まわしの会研究員 ●罠の構造に見られる地域性
東北芸術工科大学教授 ●縄文式生活構造
●ロシア狩猟文化誌 など
 2002年現在