アウトドアは自然との一体感を感じる醍醐味が魅力。常に自然の中で暮らすマタギたちは、そんな楽しみを諫めるときがある。

  トップ > 森の狩人マタギ
トップ / 森の狩人 マタギ / くまの棲むまち / キラリ輝くひとたち / 都会脱出物語 / 問合せ

 私の棲んでいる秋田県北内陸部は、いつ頃からが「マタギの里」と呼ばれるようになったエリア。マタギの生きるための狩猟活動が、山岳信仰あるいは山神信仰と結びつき、驚くような自己規律を持って山に棲む生き物と対峙していました。マタギの狩猟文化は歴史家や小説家の研究材料になり、またアウトドアマンたちのバイブルとして注目を集めています。以下、このシリーズでは現役のマタギやその周辺に暮らす人たちが表現してくれた、生の声を紹介します。

※長くマタギの取材を続け、著書「マタギ」を発刊していただいた田口洋美先生に感謝申し上げます。また、「黄色いキバ(直木賞受賞作品)」を発表していただいた志茂田景樹氏に、心より敬服申し上げます。

マタギが語る
アウトドアスタイル

マタギ入門 /  マタギのこころ /  マタギの獲物 /  ウサギとカモシカ /  ブナとクマ /  マタギ言葉
マタギの語源  /  旅マタギ  /  細りゆく熊との宿命  /  ケボカイ  /  付録1  /  付録2 

---シカリ---

── 鈴木 松治氏の話 / 阿仁くま牧場(現くまくま園)初代場長 ────

 俺がまだ子供の頃に、親父達が話してるのを聞いて覚えてるんだけど、長野とか岐阜、富山のほうまでマタギに出てたんだな~。向こうの山に行くと、小屋を作るところに秋田小屋とか、穴の名前で、こっちの人の名前を付けているところがあるそうなんだ。

俺の爺さんの頃まで、旅マタギをして歩いていたもんなんだ。秋の収穫が終わって、すぐに出かけたんじゃないかなぁ。目的地まで行く途中で獲ったものは、途中の部落で売っていったらしいんだ・・・・


・・・だけどなっ、ハデ(新雪)が降れば、必ずクマというものはハデ踏むものなんだ。穴から出てきて、新雪を踏みたがるものなんだ。それを見てるとクマがどこに行ったのか、わかる。俺達マタギは、クマ巻いて姿を見たら、まず逃がすことはねぇ。80~90%は必ず仕留める。


昔は「根子」がマタギが一番多かったけど、今は3人くらいしかいねぇな。若い者がいねぇのさ。少しはいるけど、昔ほどいねぇからな。みんな都会に出てしまうからな。クマを獲るからって、会社休めねぇ。だから、クマ狩りの時期でも山に出れねぇ・・・


 アウトドアマン達が憧れる狩猟組織『マタギ』。自然と共存するためのノウハウとスタンスは、アウトドアマンの心構えとして、大変参考になるものです。マタギ・サミット幹事である田口先生や多くのマタギフリーク達の力を借りて、マタギに関する知識と理解をを深め、アウト・ドアの原点を探ってみます。一部引用元は田口洋美氏著『マタギ』、志茂田景樹氏著『黄色いキバ』他です。以下に田口先生をご紹介します。

■ 田口先生紹介

本名 田口洋美(たぐちひろみ
狩猟文化研究所代表
ブナと林と狩人の会、MATAGI-SUMMIT 幹事
周防猿まわしの会 研究員
 ■ 主な著書

 
山に生かされた日々
 
越後三面山人記
 
おんな猿まわしの記
 
罠の構造に見られる地域性
 
縄文式生活構造
 
ロシア狩猟文化誌 など
森の狩人マタギ マタギ入門
マタギ入門 /  マタギのこころ /  マタギの獲物 /  ウサギとカモシカ /  ブナとクマ /  マタギ言葉
マタギの語源  /  旅マタギ  /  細りゆく熊との宿命  /  ケボカイ  /  付録1  /  付録2 

木に固定して地面から浮く、ユニークなテントを見つけました。雨模様の中でも側溝掘りはいらないかも。

米軍特殊部隊にも採用されている究極のバックパック「MISTERY RANCH」。実用性は抜群です。

日本最大級の「登山用品&アウトドア用品専門店の「好日山荘」。30,000点を超える商品がラインアップ。

TrustBagがあるのを知りませんでした。今まで出会ったバッグでは、私的にデザイン、機能とも高ランクに入るものでした。

Copyright© くまの棲むまち Allrights Reserved / Sorry Japanese version only.  ホームページ作成 ⇒ K's DATA
ページ管理者 : 藏本光喜  / 連絡先 北秋田市松葉町3-18  0186-62-1911 office@akita-hs.org