トップ > キラリ輝くひとたち > 小玉 達彦氏
トップ / 森の狩人 マタギ / くまの棲むまち / キラリ輝くひとたち / 都会脱出物語 / 問合せ

今回のお客様は、児玉内科クリニック院長の児玉達彦さんです。

 市内中心部からの空港アクセス道路沿いに、児玉内科クリニックを開業したのは平成19年12月。完全バリアフリーのエントランスは、冬期間の来院患者のために、風除室も完備されています。
 お生まれこそ父親の元勤務地の水戸市ですが、一族の故郷は秋田県潟上市とのことですので、故郷での開業ということになります。

 弘前大学附属病院第3内科から、秋北中央病院に常勤として来られたのは、平成6年のことですが、縁は外来診療手伝いとして来院した昭和63年から始まったそうです。平成4年の非常勤を経て、常勤になられました。当時はとても活気のある病院だなというのが、第一印象だったそうです。

 『大学時代からのクセで、つい独り言をつぶやいたりしてしまうんですよ。』と頭をかく先生ですが、最新の医療を提供する責任があると、最新刊専門書を片時も離さず診療にあたってくれます。医療の地域間格差問題が取りざたされているなかで、秋北エリアにとって本当に心強いクリニックが誕生しました。


児玉達彦院長



風除室を設けたエントランス



 内科・呼吸器内科を専門とされていますが、特に最近交通事故の原因の一つとして危険視されている【睡眠時無呼吸症候群】の検査治療のために、県内では数少ない“睡眠ポリグラフィー検査”装置を導入してその治療にあたっています。この機材は秋田県内では県南に3台、秋田市内に3台しか設置医院が無く、県北では児玉内科クリニックのみの設置になる機材です。

 『私を受け入れてくれた人たちの支えがあって開業できました。そんな方々の為に、父の故郷でもある秋田で一生懸命働きたい』と心のウチを話していらっしゃいました。また『みんなが気軽に出入りできる、使い勝手の良いクリニックでありたい。』とも。言葉通り帰る患者さんをお見送りしてあげるなど、いつも心を尽くして患者さんにあたってくれる児玉先生です。

隙間時間を活用してwebで学習できる「e-lerning」。FP、宅建士など実用性の高し資格が取得できます。

在宅ワークを紹介しています。

店舗数が激増しているそうです。「まごころ弁当」を提供する加盟店開業を目指す方を募集しています。

子供向け英会話塾のフランチャイズオーナーを募集しています。開業までのカリキュラムは、安心できる内容です。

Copyright© くまの棲むまち Allrights Reserved / Sorry Japanese version only.  ホームページ作成 ⇒ K's DATA
ページ管理者 : 藏本光喜 / 連絡先 北秋田市松葉町3-18 0186-62-1911 offece@akita-hs.org