トップ > 都会脱出物語 > 困ること・職場編

職場は・・・

 田舎は働く職場の絶対数がとても少ないのが現状です。はるか以前でしたら、全国的に炭山や鉱山なども盛んに掘られていましたし、その職業に就くために、全国から坑夫が集まり、さらにその坑夫のための様々な娯楽施設や商店街などもあって、そこそこ職場の数はあったようですが、鉱物資源の枯渇と石炭のコストパフォーマンスの悪さから、どんどん閉山が進み、それに伴って住人の減少と職場の減少が急激に進んだようです。つまり、田舎は相当長期間にわたって就職難が続く『買い手市場』になっています。 この町は、そのようなことが原因ですが、原因に多少の違いはあっても田舎の職場の不足は全国的なものだと思います。

この極端な買い手市場が、地域にどんな影響をもたらすのか?

 働ける会社が少ないという事は、今働いている会社を辞めたら、次の職場が無いということです。新卒者なら、いったん地元に職を求めたとしても、こんな環境では暮らしていけないと、田舎を捨て都会に職を求めて出て行くことも可能でしょう。定まった職場が見つからないとしても、フリーターという手もあるでしょう。職を転々としながらでもやがて自分に合った職業を見つけるということも出来るでしょう。しかし年齢が30代以上になり、子供を育てながらお年寄りと一緒に生活している者にとって、転職は考えられません。他に会社が無いのですから。

 家族を養う為に、何があっても今の会社にしがみついていなければいけない。クビにされないようにしなくてはいけない。こういう気持ちで働いているんです。つまり、会社に不満があっても口に出して言えない(言わない)のです。言えば上司から挑戦的な態度だと思われ、冷や飯を喰わされ、ひいては家族が路頭に迷う事になる。そう思っているようです。


 経営者や管理職もこの辺の社員の心境は理解しているようです。この『理解している』というのが、ちょっと危ない。お互い様の精神で助け合って行けてればいいんですが、そうはならない。

『ちょっとくらい理不尽な事をやっても、どうせ辞めていけないんだ』

と、非常に傲慢で横暴な上司になってしまっているんです。通常、基本的な社員教育や管理者としての統率能力向上のための研修などは、どんな会社でも為されていて当然の事のはずですが、これはほとんど為されていません。したがって勤続年数が規定に達し昇進すると、とたんにふんぞり返ってしまうんです。新米上司が、いきなり人生とは何ぞやなどと始めます。

これも、働く社員が『上司や会社に逆らっては、生きていけない』と思って、必死に耐えているからでしょう。それをいいことに無理難題を押し付ける上司、またまたじっと耐える社員・・・・・という悪循環が出来てしまっています。


こういう問題は、おそらく田舎に限らず何処でもあるのでしょうが、田舎の場合は職場の数が少ないという理由が手伝って、特に露骨に表面に出ているように思います。そんな労使関係、上下関係が良いはずもなく、さらなる問題が発生していると思います。



●年功だけで昇進した役職者が多く、部下を教育する能力や組織の統率能力に欠ける。
●新しいアイデアや意見が取り上げられず、旧態依然とした硬直した会社。
●役人や権力に阿る弱い企業体質
●経営努力をしない無能経営者。
●理不尽な事にも、じっと耐えつづける労働者。
  ↓
●田舎暮らしが好きで、地元に定着した若者は、才能を開花させる可能性を封じ込められている。
●会社や上司に魅力を感じられずに、田舎を離れ都会に向かってしまい、町から若者が居なくなる。
●教育能力、統率能力を持たない上司を生み出しつづける。
●活力の無い大人社会。
  ↓
●若者が定住せず、町の過疎が進む。
●人に媚びる体質が出来る。(若者のもっとも嫌うところ)
●自分を強く見せたいという欲求からか、弱者に優しく出来ない。
●嫁不足に陥る (海外からの嫁取りで、国際化などと妙な理屈になっている)
●価値観の多様化に対応できず、文化的に遅れをとる。


 最後のほうはちょっとコジツケっぽくなりましたけど、どうでしょうそんなに的外れではないと思いますが(僕が怒ってるのが分かるでしょ?)。ですから、どこかで書いたと思いますが、町の活性化などと声高に叫んでいる人を見ると、もう少し観点を変えて物事を見て欲しいなと思うんです。
要するに田舎の魅力を取り戻す為に、町の実力者と呼ばれる人や会社で管理職に就いている人たちが、人間に上も下も無い。老若男女みんなが人としては平等なんだという態度で、若者に接して欲しいと思うんです。さらに向上心に溢れる若者は、時に稚拙な意見を言うものですが、そこをしっかり受け止めて、彼らに仕事に対する手ごたえを感じさせてあげて欲しいのです。


 田舎の暮らしで困ること・・・若者がツマラナそうな顔をしてるのに困ってるんです。こちらの会社に勤めてそろそろ9年になるんですけど、社内のいろんな問題でぶつかることが多く、それをきっかけにママにも協力してもらって、この辺の会社の実態を調べてみたんです。大雑把に括ってみると、やはり多くの職場で封建的な社風が根強く残っていて、ちょっと魅力に欠ける職場が多いですね。


 いつかきっと人間は、自然に囲まれたこんな場所に安らぎを求めて帰ってくるんですから、そこに生きる若者たちが生き生きとした表情で暮らしている。そんな田舎を見せてあげたいと思うんですが・・。

次のページ「困ること・学校編」

・・・ 困ること・職場編 ・・・
脱出序章 / キャンプ / 告白 / 葛藤 / 決断 / 職を探す
住まいを探す / 今の暮らし / 今思うこと / ナマハゲと秋田弁
困ること・職場編 / 困ること・学校編 / 困ること・地域編
Copyright© くまの棲むまち Allrights Reserved / Sorry Japanese version only.  ホームページ作成 ⇒ K's DATA
ページ管理者 : 藏本光喜 / 連絡先 北秋田市松葉町3-18 0186-62-1911 office@akita-hs.org