アウトドアは自然との一体感を感じる醍醐味が魅力。常に自然の中で暮らすマタギたちは、そんな楽しみを諫めるときがある。
  トップ > 森の狩人マタギ > マタギの獲物
トップ / 森の狩人 マタギ / くまの棲むまち / キラリ輝くひとたち / 都会脱出物語 / 問合せ
赤色のデータは禁猟になった動物 ※写真は所蔵の図鑑から引用したものと、一部TBS生物図鑑から引用したものもあります。
写真 ミニ・データ 猟期 料理名

●ウサギ
ほぼ日本全国の海岸から山岳地帯まで広く生息する。東北地方では4月から8月が繁殖期間。冬季には体毛が白化する。

1月~2月(集団猟)

3月~4月(ワナ猟)
9月~12月(ワナ猟)

ウサギ汁
ワタカヤキ
骨バタキ





●日本カモシカ
森林を主要な生息地にして、単独生活を基本にしている。母親が子供を連れたり、交尾期に雄と雌が連れ立って歩く以外は、ほとんど単独でいる

1月~2月(集団猟)
3月~6月(ワナ猟)
9月~12月(ワナ猟)

アオシシカヤキ
ヨドミカヤキ





●ツキノワグマ
黒い毛の中で白毛の月の輪模様は非常に目立つ。この前胸部の月の輪模様は、ツキノワグマだけでなく、マレーグマでも見られ、エゾヒグマにも月の輪模様を持つ個体がある。この模様の生物学的意味はよくわかっていない。

4月下旬~5月上旬
(集団猟)
11月中旬~12月中旬
(集団猟)

5月~6月(ワナ猟)
9月~12月(ワナ猟)

クマカヤキ
ナガセ汁
ウチカヤキ
モチグシ





●ムササビ(バンドリ)
ムササビは夜行性の動物であるが、唯一発情した雌のもとへ向かう時にのみ、日没間もない明るさの中を滑空する。

10月~12月 カヤキ




●タヌキ
残飯が捨てられる場所には数多くのタヌキが現れる。しかも冬になると、残飯への依存度が高くなり、10頭以上、時には20頭近くになることがある。あたかも群れのように見えるが、よく見ると行動はバラバラで餌をめぐっての喧嘩も絶えない。

11月15日~2月15日 カヤキ(汁)
ワタカヤキ
※ワタ=臓物


●テン
イタチ科の中では最も樹上生活に適応していて、滑りやすい木や細い小枝でも器用に昇り降りできる。カキの実は秋から冬にかけての貴重な食物。



●イタチ
平地から山地まで棲み、人家の近くにも出没する。カエル・ネズミ・鳥類・昆虫などを食べる。北海道には分布していなかったが、本州から侵入して定着した。



●ニホンザル
かつては、頻繁に野良仕事や狩猟などが行われていたため、人里に降りてくることは無かったが、山奥の自然林や里山が人工林に変わり、農山村では過疎が進行。現在では年間5000頭もの野生ニホンザルが有害鳥獣駆除によって捕殺されている。



●アナグマ
穴掘りが得意で、地中に巣穴を掘り、家族単位で生活する。ミミズやヤスデなどの土壌に棲む小動物や昆虫、時には小型の鳥類や哺乳類も食べる。顔つきや体つきがタヌキに似ている。



●ニホンリス
エゾリスとの違いは、目の周りが白く、夏毛の赤みがより強いところ。雪の上に感嘆符を二つ並べたような形(!!)の足跡を残す。写真は分散貯蔵した食物を雪の下から掘り出しているところ。



●ホンドキツネ
写真は獲物の捕獲の瞬間。いったん高く飛び上がり、真上から攻撃する。この方法だと、野ネズミはどの方角へ逃げてよいのかわからず、戸惑っているうちに押さえ込まれてしまう。





●カモ
写真は「見せ掛けの羽づくろい」をするマガモの雄と雌。つまりこれがマガモの求愛の行動です。雌に対して複数の雄で行われることが多い。

11月15日~2月15日

カヤキ
焼き鳥



●ガン
白鳥とカモの中間の大きさで、額の白いのが特徴。主にイネ科の草やベリー類などを食べる。ごくわずかに動物性の餌を採ることもある。水田の落ちモミと畦に生えるイネ科やマメ科の草などが、越冬地での食べ物。



●ヤマドリ
小さな写真で分かりにくいと思いますが、マタギの町、阿仁町の町の鳥に指定されています。



●カケス
全国で普通に見られる鳥。「ジャージャー」とか、「ガーガー」とか大きな声を聞くことが出来る。他の鳥の声やネコ、イヌの声を真似ることができる。

写真 ミニ・データ 猟期 料理名
マタギのこころ マタギの獲物 ウサギとカモシカ
マタギ入門 /  マタギのこころ /  マタギの獲物 /  ウサギとカモシカ /  ブナとクマ /  マタギ言葉
マタギの語源  /  旅マタギ  /  細りゆく熊との宿命  /  ケボカイ  /  付録1  /  付録2 

木に固定して地面から浮く、ユニークなテントを見つけました。雨模様の中でも側溝掘りはいらないかも。

米軍特殊部隊にも採用されている究極のバックパック「MISTERY RANCH」。実用性は抜群です。

日本最大級の「登山用品&アウトドア用品専門店の「好日山荘」。30,000点を超える商品がラインアップ。

TrustBagがあるのを知りませんでした。今まで出会ったバッグでは、私的にデザイン、機能とも高ランクに入るものでした。

Copyright© くまの棲むまち Allrights Reserved / Sorry Japanese version only.  ホームページ作成依頼はコチラ ⇒ K's DATA
ページ管理者 : 藏本光喜  / 連絡先 北秋田市松葉町3-18  0186-62-1911 office@akita-hs.org